下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

日産のエクストレイルといえば、パワフルな走りが持ち味の日産の看板商品!

そんなエクストレイルが2019年、フルモデルチェンジされるという噂が出ています!

今回は今年発売予定の新型エクストレイルはどんな車なのか、プラグインハイブリッド化やe‐POWERの関係も含めて紹介していきます!

スポンサーリンク

エクストレイルの新型車2019年はどんな車?

引用:http://www.nissan.co.jp/

まず現行のエクストレイルは3代目で2013年から発売されています。

もう今年で6年目となるのでフルモデルチェンジの時期としては申し分ないでしょう。

エクストレイルはSUV(スポーツユーティリティビークル)車ですので、アウトドアレジャーなどに適しています。

ご家族やアウトドアが趣味の方向けの車であると言えます。

さらにエクストレイルを含め、SUVには悪路に強いモデルが多く販売されています。(つまり走行性能が高いのが特徴です)

 

そんなエクストレイル、フルモデルチェンジでいったいどうなるの?という点ですが、それを予想するには2018年春4月に発表された、日産の中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」を読み解くことが第一歩になります。

この中には、日産の電動化の推進、具体的には2022年までに、新型電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種の国内市場への投入が含まれているのです。

e-POWERの詳細は後述しますが、現在e-POWERが搭載されているのはノート、セレナの2車種になります。

となれば次はエクストレイルに白羽の矢が立つのではないか?というわけです。

つまり新型エクストレイルは、プラグインハイブリッド化やe‐POWERの技術が搭載される可能性が高いです。

電気自動車を普及させようとしているのは日産だけでなく、マツダも2030年までにEVやハイブリッドなど電気技術を、すべての車に搭載させようと目論んでいます。

これからの車はただ走行性能や乗り心地を向上させるだけでなく、省エネなど環境面に配慮した作りを目指していく必要があるのです。

あと肝心な発売日ですが、2019年11月~12月あたりが濃厚とされています。

理由は現行エクストレイルは2017年6月にマイナーチェンジをしたばかりであり、最低でも2年は今のモデルを継続させると考えられるからです。

スポンサーリンク

新型エクストレイルの主な変更点

・ハイブリッドシステム「eーPOWER」搭載

・安全システムに部分自動運転技術‘‘プロパイロット‘‘導入

・よりSUVとしての魅力を強調した新世代デザインを採用

・ガソリンエンジンモデルを廃止

スポンサーリンク

エクストレイル新型車2019年の外装・内装は?

エクストレイルが2019年にフルモデルチェンジになることはほぼ間違いなしですが、じゃあ外装・内装のデザインはどうなるのでしょうか?

日産は2018年1月にデトロイトで行われたモーターショーで、新たなSUVコンセプト「「Xmotion(クロスモーション)」を発表しました。

一部にはこのクロスモーションがそのまま新型エクストレイルになるのではとの噂もあります。

クロスモーションは中型SUVの車格ですしクロスの文字からそう予想してしまうのも無理ありませんよね!

引用:https://response.jp/

ただクロスモーションは日産が海外向けに販売している車種の次世代モデルとの噂もあり、新型エクストレイルと関係があるかは定かではありません。

 

クロスモーションは内装に日本建築にインスパイアされたデザインや素材を使っているんですよね!

ただテールランプが現行エクストレイルと似ていることもあり、詳細はまだベールに包まれていますが今後どうなるかが楽しみです。

 

ボディサイズですが、これは現行モデルで「4690mm×1820mm×1740mm」とかなりでかいですので、これ以上大きくなるのはあまり好ましくないと私の個人的な意見では感じます。

 

インテリアの予想ですが、

「「Xmotion(クロスモーション)」

は先ほど申し上げたように日本建築的な作りでしたが、その具体的な内容は富士山を彷彿とさせるレッドを基調とした色合いや,梁をモチーフにしたアームレストなど本当に実用化できるのか疑問視される内容でした。

 

SUVは基本、若者向けに販売される車ですのであまり和のテイストを出しすぎると嫌煙される恐れもありますので、市場化の際はよく検討することが必要でしょう。

エクストレイル新型車はプラグインハイブリット化なの?

引用:http://www.ev-life.com/

プラグインハイブリッドとは、別名「PHV」といい、コンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できるハイブリッド車のことです。

つまり充電されている間は電気で走ることが可能なのです!

2019年の新型エクストレイルはプラグインハイブリッド化されるとの噂もあるのですが、その場合自社のものではなく三菱のシステムが搭載される可能性が高いです。

引用:http://www.nissan.co.jp/

なぜなら「元」日産自動車及び三菱自動車会長であるカルロス・ゴーン氏が、今後日産ではPHVは開発せず、傘下の三菱に開発を一任すると述べているからです。

三菱のほうがPHV車の開発については、日産より優れているのは確かなのでゴーン会長はそう判断したのでしょう。(ゴーン会長はコストカッターという異名をもち、不要な物は容赦なく切り捨てることを信念としていたことで有名でしたね)

まあゴーン有価証券報告書の虚偽記載の罪でゴーン会長が逮捕されましたので、今後、日産が方針を転換することは十分ありえますけどね。

2019年は日産にとっても勝負の年です。

エクストレイル新型車はe‐POWER搭載か?

引用:http://www.nissan.co.jp/

2019年の新型エクストレイルにe-POWERが搭載されるか今回のフルモデルチェンジの目玉といってもいいでしょう。

まずe-POWERとは日産自動車が開発した次世代パワートレインの名称です。

搭載しているエンジンの、エンジン出力を利用して発電機を回し発電し、 この電気を使用して、モーターを動かすことにより走行ができる、という仕組みになっています。

 

つまり、中身は限りなく電気自動車なのですが、通常の電気自動車に必要な充電をすることなく、通常のガソリン車と同様、給油することで電気自動車としての働きをする車なのです。

革新的な技術ですね!

この技術を搭載したノートe-POWERやセレナはバカ売れとなっています。

引用:http://www.nissan.co.jp/

e-POWERは電気自動車の航続距離の短さ、充電時間の長さという短所を克服し、そのうえ従来のハイブリッド車以上の低燃費を達成しています。

電気自動車ゆえのトルクの大きさや加減速の容易さも人気を集めています。

次はエクストレイルにこの技術が搭載されると噂されていますがどうなんでしょうか。

個人的にはその可能性が高いと思っています。

 

e-POWERが搭載されれば燃費は各段に向上しますので、今までは燃費の悪さに目をつぶらなくてはならなかったSUVモデルに新しい風を吹かせてほしいものです。

現行型エクストレイルにもハイブリッドモデルがありますが、それでもe-POWERと比べると燃費がかなり落ちてしまいます。

基本的にはエンジンで駆動し、必要に応じてモーターがアシストする形のハイブリッドです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

参考までにノートがe-POWER導入前と導入後でどれほど燃費が向上したかについてですが、導入前は23.4km/Lだったのが、導入後は34.0km/Lと格段と燃費が向上したことが分かります。

エクストレイルハイブリッドでは20.8km/Lですので、e-POWERが導入されたらどれほど燃費が向上するでしょうか。

ノートでは1,5倍ほど燃費が向上したことを考えると25.0km/L程度には向上するでしょうか。

e-POWERが搭載となった2019年新型エクストレイル見てみたいですが、e-POWERが搭載されればそれだけ価格も上昇しますのでそこは覚悟しておきましょう!

【日産・エクストレイル】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

エクストレイル、やっぱりカッコいいですよね!

https://minkara.carview.co.jp/car/nissan/x-trail/

エクストレイルは、アウトドアなどにも最適で様々な運転支援技術を搭載し、若者などからも高い人気を誇っている。

SUVのエクストレイルは加速性能もよく、実際に乗り心地も良いと聞きます。

私も、家族で出かけるために新車エクストレイルが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

車を購入する時って、楽しいですよね。

 

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ
予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。
   ・どうせならグレードも高いほうがいい。
   ・オプションも付けたい。
   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・
   ・値下げ交渉も苦手
   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。
家族、友人からは「安く済ませたら?」
と、ひとこと。

 

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!
1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すと、エクストレイルを納得の金額で購入することが出来ました。

 

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

スポンサーリンク