下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

車を購入するときにかなりお金がかかるのは分かってはいるが、実際エクストレイルを購入するのに何万かかってしまうのだろう?と疑問に思いますよね。
そこで今回は車本体の価格と他に費用としてかかる値段を出していきます。
人気のグレードも挙げていきますのでご覧ください。

スポンサーリンク

エクストレイルの価格・値段を紹介

https://www3.nissan.co.jp

エクストレイルは大体どのくらいの値段で買えるのでしょうか?

メーカー希望小売価格は2,197,800円です。
実は新車の購入価格の平均は2,981,300円となっていて、平均値よりも80万円ほど安い所になっています。
しかし、レクサスLSやBMWシリーズなどの高級車の購入が平均値を引き上げている面がありますので、その所はなんとも言えません。

 

新車、中古車、軽自動車を含めた平均購入価格は1,711,000円なので、やはり新車の購入価格だけを考慮すると200万円の後半となってきます。

それに同じく日産のセレナのメーカー希望小売価格は2,440,800円なのでエクストレイルは30万円ほど安くなっている計算です。

結果として、エクストレイルは比較的安い車と言えるのではないでしょうか?

 

しかしここでひとつ追加で言わなきゃ行けないことがあります。
メーカー希望小売価格は最低グレードの車の値段です。

一番人気のグレード

一番人気のグレードの車を購入しようと考えた場合、エクストレイルの20xi【2列】(4WD)だと3,063,960円となっています。
この値を見るに、全然平均値より高いですよね。
他にもメーカーオプションやアイテムを購入したら全然高くなってしまいます。

1番高いグレードは?

エクストレイル モード・プレミア i ハイブリッドハイコントラストインテリア4WDは3,888,000円なっていて、メーカー希望小売価格よりも180万円も高値がついてしまっています。
こんなこともあるので、メーカー希望小売価格だけに惑わされることなく、ちゃんと自分の購入したいモデルで見ましょう。
もちろん他にもかかる費用はありますので、そちらは次の項目で書いていきます。

購入時にかかる費用

購入時には車の値段がかかるのは分かるのですが、ほかにどんな所でお金がかかるか正確に理解していますか?
実は果てしないくらいかかるんです。
オプションや税金分も費用のうちに組み入れないと痛い目を見るハメになります。
それではどのようなところでエクストレイル本体代いがいにかかるかを書いていきます。

エクストレイルの購入時にかかる費用など

https://www3.nissan.co.jp

実際にどのようなところで費用がかかってしまうのでしょうか?
調べてみたところ、直近でかかってくるのは保険料と車検代、オプション代、その他税金となっています。

全体的な維持費をまとめると

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 保険代
  • オプション
  • ガソリン代
  • 駐車場代

とかかってしまいます。

自動車税から説明していくと、自動車税はエクストレイルが2000ccなので39,500円が妥当です。

排気量によって変わってくるのですね。

https://www3.nissan.co.jp

次に自動車重量税を説明していきます。

自動車重量税は車の重さで変わってきて、500㎏ごとに4,100円ずつ加算されていきます。

しかしエクストレイルはエコカー減税対象者なので500㎏ごとの加算額は本来よりもかなり安くなっていて、2,500になっております。

自動車重量税(エコカー減税込み)10,000円

 

次に保険料です。

保険には必ず強制的に入らなければならない自賠責保険と自分の意志で決めることのできる任意保険の二種類があります。

大体の平均値の285,340円ですが、今回自賠責保険の27,840円のみとします。

他にもオプションやガソリン代、駐車場代がかかってしまい、

ガソリン代 1年1㎞計算 109,000円

駐車場代 全国平均 104,000円

 

とここまでで約26万円かかる形ですが、今まで挙げた料金プラスガソリン代やオイル交換など色々かかってしまい、結局は36万円にもなってしまいます。

車ってのは結局維持費がかなりかかってしまう乗り物なのでどうしようもないですが、あまりにも世知辛いですね…

 

エクストレイルのグレード比較!おすすめはこれだ!

https://www3.nissan.co.jp

せっかく購入しようと思ってもグレードがいっぱいありすぎて、どれにしようか迷ってしまいますよね。
全部で39種類もあります。
グレードによって使用用途が変わってきますので、使用用途の観点から絞れはしますが、ガソリン車で17種類、ハイブリッド車で22種類もあり、多すぎて、決めるのに一苦労です。
密かに人気なのは20xiがイチオシの車となっています。
というのも、20xiはアウトドア目的にも十分な使用ができ、その上普段使いでもしっかりと働いてくれる素晴らしい車となっているからです。
現在の人気一覧表では20xi 4WD(2列シート)と20xi   2WD HYBRID となっていて、20xiが人気のようです。
モードプレミアのグレードも魅力的ですが、やはりエクストレイルの魅力はアウトドアに見ている人が多く居るのでしょう。
https://www3.nissan.co.jp
20sに比べ、値段は高くなってしまいますが、その分のオプションの充実度プラス安全性能の充実でユーザーさんは購入に踏み切るようです。
勿論使用用途によっておすすめのエクストレイルは変わってきます。
もし、見た目に惚れてアウトドアとしての使用よりも、都会的なシティでの街乗り目的の人ではおすすめの車は変わってきます。
その場合はラゲッジスペースあまり広くとる必要はなく、防水加工もさほど必要ないのでハイブリッド車にして、グレードも一番人気のエクストレイル20xi 4WDではなく、他のグレードでもいいのかもしれません。
自分としては意外だったのですが、一番人気のグレードは20xi 4WDとハイブリッドではありませんでした。
実はエクストレイルの魅力はハイブリッドではあまり発揮が出来ないんです。
ハイブリッドのほうが同等のグレードでも30万円ほど高いにもかかわらず、あまり走行性能に差は見られず、2年で元取れる可能性は低いです。
ラゲッジスペースもガソリン車のほうが広くなっていて、その上防水加工もなされています。
もしかしたら防水機能の差でガソリン車が売上で勝っているのかもしれません。

ちなみに一番高いグレードの内容は?

先ほどでも書いたように一番高いグレードはエクストレイル モード・プレミア i ハイブリッドハイコントラストインテリア4WDです。

この車はかなり高いです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

 

一番人気のグレードであるエクストレイル20xi 4WDより、まさかのまさかといった値段になっています。

エクステリアですが、本来のエクストレイルは黒一色のこれも中々カッコいい車なのですが、モードプレミアは白を基調としたインテリアで高級感のあるレザーで白いシートになっています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

 

しかも防水機能もなくなってしまっているのでアウトドア目的でしようするには正直似合ってません。

マリンスポーツなんて怖くてできませんね…

なんたって汚れが目立ちやすい白いシートにラゲッジスペースの防水機能もなく、それに加えてシートの防水機能もないのでかなーり怖いです。

 

口コミでは華やかな気持ちになるよ、といった意見もあるので、レジャーよりはゴルフなどあまり汚れないようなスポーツを楽しむ方向けの車かもしれません。

本来のエクストレイルの使い方であるアウトドアにゴリゴリ使う人は外してもいいようなグレードかもしれませんね。

エクストレイルの口こみはどう?

エクストレイルは評価の乖離が激しく、辛口のコメントもあれば、高評価もあります。
一番人気のグレードのエクストレイル20xi 4WDのイチオシポイントである安全性能に関しては批判的なクチコミは見られませんでした。
やはり人気なだけあるのでしょう。
やはり安全性能の面での問題は全くないようですよ。
しかし、口コミを見ていく中で非常に多く見られた否定的なコメントは
「うるさい!!!」
という所です。
ロードノイズがかなり多く、運転席と後部座席で会話することも出来ないほどだ。
という意見もありました。

【日産・エクストレイル】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

エクストレイル、やっぱりカッコいいですよね!

https://minkara.carview.co.jp/car/nissan/x-trail/

エクストレイルは、アウトドアなどにも最適で様々な運転支援技術を搭載し、若者などからも高い人気を誇っている。

SUVのエクストレイルは加速性能もよく、実際に乗り心地も良いと聞きます。

私も、家族で出かけるために新車エクストレイルが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

車を購入する時って、楽しいですよね。

 

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ
予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。
   ・どうせならグレードも高いほうがいい。
   ・オプションも付けたい。
   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・
   ・値下げ交渉も苦手
   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。
家族、友人からは「安く済ませたら?」
と、ひとこと。

 

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!
1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すと、エクストレイルを納得の金額で購入することが出来ました。

 

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

スポンサーリンク