下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

日産・エクストレイルとスバル・フォレスターは、特にアウトドアで活躍するクルマとして、アクティブなユーザーに高い支持を受けています。

しかし、コンセプトが似ているとはいえ、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

気になるところですよね。

 

そこで今回は、日産・エクストレイルとスバル・フォレスターについて、徹底比較しました。

価格・大きさ・燃費、それぞれの項目で、どっちが優れているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

エクストレイルvsフォレスター価格比較

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

まずは、価格について検証します。

新車販売価格では、それぞれどのような価格差があるのでしょうか。

 

エクストレイル全グレードの価格

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

日産・エクストレイルは、非常にグレードラインナップが多彩なことで知られています。

 

2WDと4WD、ガソリン車とハイブリッド車、2列シートに3列シートなど、各グレードのスペックは非常に幅広いです。
このようなグレードに加え、さらにマイナーチェンジによる特別仕様車の投入など、選べる楽しさがあるクルマです。

 

かなり広い価格帯になりそうなイメージですね。
そんな、日産・エクストレイルの新車価格帯は、197,800円〜3,844,800円となっています。

 

個人的には、基本グレードと特別仕様車の価格差が、200万円以上に広がるのではないかと考えていたので、少し意外な結果でした。
特に上級グレードや特別仕様車の価格が抑えられている印象です。

 

高スペックを持っているのにも関わらず、リーズナブルな価格で購入できることも、日産・エクストレイルが人気な要因の一つだと言えるでしょう。

 

フォレスター全グレードの価格

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/38812

スバル・フォレスターは、全4グレードで展開されています。
エクストレイルと比べると非常にシンプルなグレード構成です。

 

そのため、価格差も非常にコンパクトにまとまっています。
スバル・フォレスターの新車価格帯は、2,808,800円〜3,099,600円となっています。

 

こちらも、日産・エクストレイルと同様、価格はかなり抑えられている印象です。
ただし、価格帯としては広くなく、基本グレードと最上級グレードでは、わずか20万円の差しかありません。

 

フォレスターのグレード展開には、ある意味潔さも感じますが、もう少し安い予算で検討している方には、厳しいとも言えるでしょう。
歴代のグレード構成を見ても、スバル・フォレスターは少数精鋭で来たイメージがあり、そう言ったコンセプトに共感するファンも多いです。

 

しかし、万人が選びやすいグレード構成と価格設定という点に着目すると、日産・エクストレイルに分があるとも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

エクストレイルvsフォレスターの大きさ比較

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

続いてはSUVを選ぶときにポイントとなる、大きさで比較します。
ボディサイズと室内空間では、どっちが大きいのでしょうか。

 

エクストレイルの大きさは?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

日産・エクストレイルと言えば、丸みがある設計ですが、顔つきは非常に無骨なSUVといった印象的で、そのデザインは万人に愛されるイメージです。

インパクトを感じるデザインなので迫力を感じますが、実際のサイズ感としてはどうなのでしょうか。

 

まず、日産・エクストレイルのボディサイズですが、全長4690mmx全幅1820mmx全高1740mmとなっています。

 

SUVとして十分なサイズ感を持ちながらも、取り回しのしやすさで女性ユーザーも非常に多いことが特徴です。
オーバーサイズではないので、駐車場などでも取り回しの心配はないと言えるでしょう。
しっかりした存在感を持ちつつも、運転しやすいサイズ感となっています。

 

そして、室内空間に影響する日産・エクストレイルの内寸ですが、室内長2005~2555mmx室内幅1535mmx室内高1270mmとなっています。

 

2列シートと3列シートで、室内長には大きく差がありますが、2列シートではそのぶん、荷室空間が大きく確保されています。
アウトドアのシーンなどで活躍できるように、多彩なシートアレンジや防水性能の向上など、よりSUVとしての長所にも特化しています。

 

さらにこの広さも手伝って、快適なレジャーを日産・エクストレイルでは楽しむことができます。

 

フォレスターの大きさは?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/38812

一方で、スバル・フォレスターのデザインも非常にスタイリッシュに仕上がっています。
近代的な雰囲気で肉厚感もあり、欧州車のような雰囲気も醸し出しています。

 

そんなスバル・フォレスターのボディサイズは、全長4625mm全幅1815mm全高1715~1730mmとなっています。

 

日産・エクストレイルのサイズと比較するとわずかに小さい印象です。
ただ、全ての項目で数mm〜数cmの差なので、ボディサイズとしてはほぼ同じに近いと言えるでしょう。

 

続いて、室内空間の内寸をご紹介します。
スバル・フォレスターの内寸は、室内長2100~2110mmx室内幅1545mmx室内高1270mmとなっています。

 

ボディサイズとは違い、2列シート同士で比較すると、室内高は同じで室内長と室内幅で、スバル・フォレスターの方がわずかに大きい結果となりました。

 

両車ともに、緻密な設計でスペースの無駄を省いたことで定評がありますが、室内空間の大きさにおいては、スバル・フォレスターの素晴らしさが際立ちました。
ただ、室内空間を広くとったぶん、荷室空間の広さにおいては、日産・エクストレイルに軍配が上がります。

 

スポンサーリンク

エクストレイルvsフォレスターの燃費の違いと特徴

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

クルマを購入するときに大きく参考にするポイントとして、燃費性能が挙げられます。
日産・エクストレイルとスバル・フォレスターはどっちの燃費性能が優れているのでしょうか。

 

まずは、日産・エクストレイルのカタログ燃費ですが、ガソリン車で15.6km/L~16.4km/L、ハイブリッド車で20.0km/L~20.8km/Lとなっています。
やはり、ハイブリッド車の燃費が素晴らしく、SUV車が20.0km/L~の燃費を超えることはある意味驚異的だとも言えます。

 

そして、スバル・フォレスターのカタログ燃費は、ガソリン車で14.6km/L、ハイブリッド車で18.6km/Lとなっています。
スバル・フォレスターの燃費性能も非常に高いものですが、日産・エクストレイルのコストパフォーマンスの高さが際立つ結果にもなりました。

 

SUV車と言えば、低燃費なイメージが保たれますが、近年ではこのように、高い燃費性能を持つSUV車が多く台頭してきました。
本来持つ走行性能に加え、燃費性能も兼ね揃えることで、お財布に優しいSUVが今後さらに活躍すると見込まれます。

 

今回のこの結果を見ると、日産・エクストレイルは5年後・10年後も、非常に高いコストパフォーマンスで乗り続けられるクルマではないでしょうか。

 

エクストレイルvsフォレスターはどっちがいい?検証

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

最後に日産・エクストレイルと、スバル・フォレスターを使用しているユーザーからの声をご紹介します。
それぞれのユーザーは、どんなところにメリットを感じているのか。その特徴について検証します。

 

エクストレイルのユーザーの声

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36530

まずは、日産・エクストレイルのユーザーの声をご紹介します。
どんな特徴に魅力を感じているのでしょうか。

 

  • 安全装備が充実していて運転しやすい
  • 大きさの割にハンドルが軽く加速も良い
  • カタログ燃費と実燃費の差が少なく大満足
  • 全てにおいて程よいので悪い点が見当たらない
  • エクステリア・インテリアともに飽きないデザイン

 

日産・エクストレイルのレビューを見ていると、とにかく魅力を感じるポイントが多岐に渡ることに気づきます。

 

クルマに求めるポイントは、ユーザーによってそれぞれ違いますが、多彩なグレード展開同様に、日産・エクストレイルは万人に愛されているクルマだということを感じさせられました。

 

女性ユーザーが多いことも特徴ですが、日産・エクストレイルは、ての機能において基本性能が高いので、ユーザーそれぞれで魅力に感じられるポイントがたくさんあるようです。

 

フォレスターのユーザーの声

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/38812

  • 取り回し性がよく見晴らしも良い
  • アイサイトの素晴らしさに惚れました
  • トルクに余裕を感じどこからでも加速感を味わえる
  • 荷室の開口部も広く快適
  • 静粛性も高くSUVとは思えないような乗り心地

 

一方スバル・フォレスターは、特に機能性の高さと加速性能について、絶賛する声が多かったです。

 

スバルのアイサイト機能に関しては、運転時の疲れを軽減してくれる点からも、高い評価をしている声が多く見受けられました。

 

また、加速性能も、街乗り・高速道路・雨や雪の悪天候時など、各シーンで高いパフォーマンスをしてくれると、運転の楽しさを感じているようです。
静粛性や走行時の乗り心地も高いことから、レジャーに出かける際には、同乗者も高い快適性を得ることができるようです。

 

エクストレイルvsフォレスターまとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

今回は、日産エクストレイルとスバル・フォレスターを徹底比較しました。

 

価格・大きさ・燃費・ユーザーの声と、それぞれ比較しましたが、日産・エクストレイルは万能性、スバル・フォレスターはブレないコンセプトといった点が際立ちました。

 

クルマのスペックをチェックするには、似たような特徴を持つクルマ同士で比較することが一番わかりやすいとも言えます。
さらにそのクルマの良さを体感するためには、実際に試乗して見ることをオススメします。

【日産・エクストレイル】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

エクストレイル、やっぱりカッコいいですよね!

https://minkara.carview.co.jp/car/nissan/x-trail/

エクストレイルは、アウトドアなどにも最適で様々な運転支援技術を搭載し、若者などからも高い人気を誇っている。

SUVのエクストレイルは加速性能もよく、実際に乗り心地も良いと聞きます。

私も、家族で出かけるために新車エクストレイルが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

車を購入する時って、楽しいですよね。

 

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ
予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。
   ・どうせならグレードも高いほうがいい。
   ・オプションも付けたい。
   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・
   ・値下げ交渉も苦手
   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。
家族、友人からは「安く済ませたら?」
と、ひとこと。

 

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!
1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すと、エクストレイルを納得の金額で購入することが出来ました。

 

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

スポンサーリンク