下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

車を購入する時に気にするポイントは色々ありますが、一番大切なのは自分のニーズに合致するかです。
アウトドア目的の人が気になるところである、エクストレイルとセレナを比較していきます。
価格、大きさ、燃費の観点はどうでしょう。
比較してみました。
スポンサーリンク

エクストレイルvsセレナ 価格比較

日産のエクストレイルとセレナを比較してみました。

そもそもエクストレイルとセレナの違いはどんなところにあるのでしょうか?

そもそもエクストレイルとセレナの機能的な違いは?

エクストレイルは2000年から販売開始されているミドルサイズのSUV車です。
SUV車とはスポーツ用多目的車という意味です。
元々エクストレイルはSUV然とした見た目をしていたのですが、現行モデルである3回目のモデルチェンジで都会的な街乗りでも使用ができる見た目にシフトチェンジしています。
セレナは1991年から販売開始しているミニバンです。
ミニバンとはアメリカのフルサイズバンと比較して小さいワゴンタイプの車です。
一般的に3列シートでSUVよりは搭載人数は多い形となっています。
セレナはミニバンの中で先駆者的な立ち位置で先取りした内容が多かったことでも有名です。
最新モデルでも新システムのプロパイロットシステムやアラウンドビューモニター、エマージェンシーブレーキを搭載した初めての車でした。

価格比較

現在の最新モデルでの値段比較をしていきます。
エクストレイル
2,197,800円  メーカー希望小売価格(消費税込)
セレナ
2,440,800円  メーカー希望小売価格(消費税込)
となっています。
価格の面ではエクストレイルに軍配が上がる感じになっております。
他のモデルも見ていきましょう。
・エクストレイル4WD2000とセレナ4WD2000の同等のグレードを比較してみると
エクストレイル4WD2000
2,404,080円   メーカー希望小売価格(消費税込)
セレナ4WD2000
2,733,480円   メーカー希望小売価格(消費税込)
となっていて結局セレナが高い結果となっています。
・一番いいグレードを比較してみても
エクストレイル20Xi HYBRID<2列>
3,277,800円   メーカー希望小売価格(消費税込)
セレナ e-POWERシリーズ 2WD 1200 ハイウェイスター V
3,404,160円   メーカー希望小売価格(消費税込)
となり大体30万円程セレナの方が高いようです。
スポンサーリンク

エクストレイルvsセレナの大きさ比較

エクストレイルの大きさは

引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T32/1312/spec_dimensions.html

全長 4590mm

全幅 1785mm

全高 1685mm(ハイパールーフレール付車は1770)

室内寸法・長 2000mm

室内寸法・幅 1450mm

室内寸法・高 1265mm(サンルーフ付車は1235)

ホイールベース 2630mm

トレッド・前 1530mm

トレッド・後 1535mm

最低地上高 200mm

 

セレナの大きさは

引用:http://history.nissan.co.jp/SERENA/C25/0505/GRADE/main4.html

 

全長 4685mm

全幅 1695mm

全高 1865mm

室内寸法・長 3060mm

室内寸法・幅 1480mm

室内寸法・高 1380mm(パノラミックルーフ付)

ホイールベース 2860mm

トレッド・前 1480mm

トレッド・後 1485mm

最低地上高 160mm

 

となっていて、全体的にセレナの方が大きい形になっています。

セレナはファミリー用の自動車なので室内寸法的にエクストレイルよりセレナの方が広い空間を取っています。

やはり車両重量に関してはセレナが1610kgエクストレイルが1500kg

車両総重量もセレナが2050kgエクストレイルが1775kg

となっていて全体的にセレナの方が車両重量が重いです。

スポンサーリンク

エクストレイルvsセレナの燃費違いと特徴

実際の燃費の違いはどんなもんなんでしょうか?

カタログ燃費で比較してみると

エクストレイル

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

 

ガソリン車

2WD 16.4km/L

4WD 16.0km/L となっていて

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

 

ハイブリッド車

2WD 20.8km/L

4WD 20.0km/L

以上のようになっています。

ここだけ見ても全然燃費がいいように感じますがセレナと比較してみると

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

となり、

S-HYBRID車 17.2km/L

e-POWER車 26.2km/L

となっていて、同じくハイブリッド車はエクストレイルのほうが燃費がいいのですが、e-POWER車は驚愕の26.2km/Lとなっています。

実燃費はどうなっているのでしょうか?

セレナの実燃費を調べてみるとやはり、カタログ燃費よりも4〜6km/Lほど少なめな値になっています。
期待していたよりも実燃費は高くないとの口コミもありました。
カタログ燃費を高めに見積もりすぎたのでは?という意見もあります。
しかし運転方法を工夫することでカタログ燃費と実燃費との乖離率はある程度抑えることができるようです。
アクセルワークに気をつけて運転することによりカタログ燃費に近い値まで効率を上げることが出来るので、事故だけでなく、この点も気をつけて運転してみてください。
エクストレイルの実燃費も大体セレナと同程度の値に収まっています。
大体14km/L程度です
実はユーザーからの口コミの面でエクストレイルはセレナを上回っていて、批判コメントがあまり見当たりませんでした。
というのもやはりニーズがセレナとは違い、遠距離を主に使う方の車なので燃費はあまり気にならないのでしょう。
元々SUVは燃費は期待できないタイプの車でしたが、その中でもエクストレイルは燃費がいい車でした。
燃費の面ではユーザーの口コミもありますし、エクストレイルのほうがいいのかもしれません。

エクストレイルvsセレナはどっちがいい?検証

実際のところエクストレイルとセレナはどっちの方がいいのでしょうか?というのもそもそも用途の違いがあり、エクストレイルの場合はアウトドア用の車ということで実際の積載量はかなりのものですし、車内泊もできるような車です。

 

勿論街乗りもできるようにフルモデルチェンジがされているので街乗りも対応できます。

あともう一つ言えることはセレナよりカッコいいということです。

日産の公式カタログを見ても売り出し方がセレナとは変わっていてカッコいい系のカタログですよね。

オプションで天窓をつけることもできるので、本当に天体観測や、夏の湘南などで走らせると楽しそうです。

レナはミニバン販売台数2018年上半期No.1です。かなり人気の車ですねー

セレナはミニバンであり、家庭用感がかなりあります。

というのも、おじいちゃんやおばあちゃんが後部座席に乗っても、安心の広い座席に赤ちゃんがいても、安心の足だけで開けられるすごい車です。

 

スーパーやなんかで買い物した物を駐車場でも、何の心配もなく開けるようなデュエルバックドアも本当に家族向けの車ですね。

日産の公式カタログを見ても、家庭的な雰囲気なカタログでほほえましいような感じです。

今回の記事であげたように、大きさも燃費もセレナのほうがいいのですが、それでも販売台数No.1になるほどですから納得の値段なのでしょう。

逆にエクストレイルは大きさも燃費もセレナよりも些か低いのですが、価格の面ではエクストレイルのほうが30万円程安くなっています。

 

結論としてエクストレイルとセレナどっちのほうがいいの?

という疑問ですが、普通に街乗りするだけなら断然セレナと結論付けられるのではないでしょうか。

勿論エクストレイルもSUV車としては、比較的コンパクトで素晴らしい車なのですが、街乗りや時たまの旅行くらいだったらミニバンのセレナでいいと思われます。

エクストレイルのニーズとしてアウトドアを主にやる人ですので、そういった人にはかなりのおすすめです!

【日産・エクストレイル】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

エクストレイル、やっぱりカッコいいですよね!

https://minkara.carview.co.jp/car/nissan/x-trail/

エクストレイルは、アウトドアなどにも最適で様々な運転支援技術を搭載し、若者などからも高い人気を誇っている。

SUVのエクストレイルは加速性能もよく、実際に乗り心地も良いと聞きます。

私も、家族で出かけるために新車エクストレイルが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

車を購入する時って、楽しいですよね。

 

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ
予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。
   ・どうせならグレードも高いほうがいい。
   ・オプションも付けたい。
   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・
   ・値下げ交渉も苦手
   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。
家族、友人からは「安く済ませたら?」
と、ひとこと。

 

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!
1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すと、エクストレイルを納得の金額で購入することが出来ました。

 

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。
ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。
一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。
その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

スポンサーリンク